久が原集合住宅04 配筋検査

基礎の配筋が組み上がったので、打設前に確認

構造図どおりに鉄筋が組まれているかどうか確認します

鉄筋の径、間隔はもちろん、配筋は一本物ではできないので、鉄筋同士の継ぎ手が決められたどおりかどうか?設備配管等で鉄筋を切られていれば、その補強等々。

建築基準法等の諸法令で様々決められていますが、それでもその通りに配筋したとしても、鉄筋が多い箇所が出てきて、コンクリートとうまく絡まないところも、出てきますので、そこにも注意を光らせます。

現場の職人の腕とそれを管理する施工会社によりますが、設計が最終的なチェックを行います。

お問い合わせ
お問い合わせ [contact-form-7 id="4" title="お問い合わせ"]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする