上池袋集合住宅08<配筋検査>/上池袋木造公寓・配筋檢查

基礎部分の配筋検査を行いました。

今回のコンクリート打設は3回に分けます。

通常は基礎底盤と立ち上がり部の2回ですが、今回は道路と高低差があるため、エントランスの底盤までを最初に打設するため、計3回となります。

配筋自体はほぼ全て組み上げるため、検査は今回と、立ち上がり部の型枠を組み、アンカーボルトを設置した状態で、計2回行う予定です。

配筋検査の検査項目は、鉄筋の種類・太さ、間隔の他、鉄筋の継手方法、主筋方向、鉄筋同士の結束状態、型枠までの離隔、補強部分、設備等のスリーブ位置等々になります。

基礎水泥施工以前,建築師一般確然鋼筋正確。

檢查的項目是鋼筋的粗細,種類,間隔,位置,中繼和模板的狀態。

お問い合わせ
お問い合わせ [contact-form-7 id="4" title="お問い合わせ"]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする