不動産投資にOYOは役に立つか?

OYOの説明会に参加してきました。

以前書いたブログでも「OYO」については、触れていました。

OYO LIFEの賃料設定は安いのか?高いのか?

その後、サブスクリプションの住み放題サービスが幾つか様々なところでリリースされましたが、その中でもOYOは注目しています。

先日OYOの説明会があることを紹介され、参加してきました。

内容は「OYOのサービスとは?」「法人向けサービス」「不動産オーナー向け」の三本立て。

ちょうど、この日「OYO LIFE Biz」という法人向けサービスのリリース日だったようです。

それぞれのプレゼンテーションを聞き、終了後担当者の方と名刺交換をさせて頂き、更に詳細を聞いてきました。

オーナー向けの話をまとめるとこんな感じです

  • 契約時に長期5年の利回り確定
  • 入居者が変わっても原状回復費用はOYO持ち
  • 家賃は相場の90-95%
  • 借り上げ家賃は〇〇万円まで(おそらく相場は変わるので、具体的な金額は伏せます)
  • クレジットカード決済
  • 借り主との契約もスマホ
  • 単身〜2人用のみ扱う
  • 家具家電はOYOで一括揃える
  • ベッドカバー等のリネン類は、借り主が自分で揃えてもいいが、OYOで借り主が買うことも可能
  • エリアは、2019年6月時点で、一都三県(いずれは、もっと広げたいとのこと)
  • 借主は家事代行等、OYOが提携するサービスを受けることが可能(一定期間無料か?一部無料か?)

サービス自体は、今後も変わっていく可能性はあります。この中でも「契約時に長期5年の利回りが確定」は、大きい。また賃料の話で言えば、建物完成後から家賃収益が得られる時期が確定することも大きなメリット。また入居者が変わるたびに不動産業者とのやり取りは不要であり、その煩わしさはなくなるので、手間暇軽減出来ます。

収益については、OYOの家賃設定がどうなのか?ここが一番のポイント。不動産オーナーにとっては、サブリースと同じなので、最終的には「借り上げ家賃」です。

また話を聞く機会がありそうなので、じっくり聞いてみたいと思います。

お問い合わせ
お問い合わせ [contact-form-7 id="4" title="お問い合わせ"]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする