スケルトンになってわかること【Little Japan Guest House 計画・現場編03】

解体した内装の廃材の撤去も終わり、ほぼ躯体のみのスケルトン状態となりました。

配管や幾つかの下地は残っているモノの内部の状態が分かってきました

今回はローコストゆえ、間仕切壁のみで内装らしいものは、殆どないため

コンクリートの躯体が見るところが殆どになります。

それゆけ、既存の壁面等々の状態を確認検討しながら、細かな部分を詰めていきます。

特に床については、既存内装の仕上げによって、床スラブの仕上げ方が全く違っています。コンクリート直仕上で長尺塩ビシート部分は、キレイに仕上げていますが、根太を組んで嵩上げしているところは、それほど平滑に仕上げられていません。今回は既存コンクリート直仕上げのため、そのまま使えるほどの精度か?補修可能かどうか?解体前は分からないのが実情です。

リノベーションの場合は、現場の状態に向き合いながら、その対処を考えざるを得ません

お問い合わせ
お問い合わせ [contact-form-7 id="4" title="お問い合わせ"]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする