台北動物園熱帯雨林区室内館

台北動物園に新しく完成した熱帯雨林区室内館

弧を描いた鉄骨が特徴的な建物

内部に入ると、巨大な空間が広がり、内部をめぐるスロープがこのドーム内をめぐり、動物や植物を見ることができる。一部の動物は放し飼い。間近に観察することができる

△ワタボウシタマリン(Cottontop tamarin )

フタユビナマケモノがスロープに取り付けられたスチームの配管を歩行中

上から見ると、おしり

顔も時々拝めます

スロープをアップダウンしながら、ぐるぐると巡る。

最後は奥の建物の最上階へ接続

最上階からの景色も壮観。動物も間近に見れる新しい施設です

お問い合わせ
お問い合わせ [contact-form-7 id="4" title="お問い合わせ"]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする