西長堀アパート〜関西発の公団高層住宅をリノベーション

大阪市西区にある「西長堀アパート」

昭和33年築(東京オリンピックよりも古い!)で関西初の公団高層住宅

今や大阪市の西区近辺は人気のエリアですが、建設当時は開発が遅れていたエリアだったようです。

北側廊下の片廊下型だが、細長い窓が連続する壁面となっており、廊下は室内化されています。

西長堀アパート <UR賃貸住宅サイト>

当時の写真を見ると、建物北側には水辺が広がっており、この独特な北側のファサードがよく見えていたようです

現在では、室内を改修された住戸もあるようです。

このように古い建物をリノベーションして、活用されるようになりましたが、冷暖房や給排気のスペックは、当時と現代とはかなり違っており、現代の住み方に対して、どの程度対応するか?出来るかは、一般的には新築ほど上手くはいかないのが、リノベーションの実情です。

そこをどう上手くデザイン出来るかは、設計者の腕の見せ所だと思います。

お問い合わせ
お問い合わせ [contact-form-7 id="4" title="お問い合わせ"]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする