OSBの床仕上げ【Little Japan Guest House 計画・現場編11】

現場の進行に伴い、仕上げ材が徐々に貼り進められていきます。

配管スペースのために1段上げた床も、配管の施工も終わり、床仕上げとなるOSBが張られました。

水廻りというと、長尺塩ビシート等のビニル系の建材が使われますが、今回はローコスト故、仕上げは下地に使われるOSBを張り、塗装仕上げにしています。

OSBとは、Oriented Strand Board の略で、薄い木片に接着剤を加え、熱圧成形した木質パネルです。一般には壁床下地、壁には構造用合板として使えるものもあります。

表面は写真のように、様々な木片を積み重ねて作られていることがわかります

時々仕上材としても使われるケースはあります。ただし一般的には表面は平滑ではないため、家具の材料として使う場合ば、少々気をつけたほうがいい素材です。

お問い合わせ
お問い合わせ [contact-form-7 id="4" title="お問い合わせ"]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする