特集「子どもの居場所」(住む。2016年春号No.57)

IMG_3432
住宅系の雑誌の中でも独特な雰囲気を持つ雑誌「季刊 住む。」

住まいは、住み手が育てるもの。長い必要と、長い好みと、長い寿命に応えてくれる家づくりに。

時間を掛け、こだわりのある家づくりをしたい方には、オススメの雑誌です。

「2016年春号No.57」の特集は、「子どもの居場所」。

実例が3例掲載されています

  • 古民家を改修する。[大阪・泉佐野市]
  • 家族と遊具をつくる。[東京・西東京市]
  • 家族の食卓が味覚を育てる[東京・目黒区]

内容は?

フランス人と日本人の夫婦が住む築70年、入母屋造りの古民家。改修を加えながら住み続けている実例。フランスの習慣に習い、子ども部屋を設けたが、いつも遊んでいるのは夫婦の間。2番めは、金属造形作家と革製品作家の夫婦ユニットの賃貸マンション自宅。3番めはヴィーガンレストランのプロデューサーの妻とオーガニック食材店を営む夫の「自然体でつくる子どものいる食卓」

感想

「季刊 住む。」の特集らしい、いわゆる「手に職を持つ」人々の子どもに纏わる記事。ホンモノに拘「住・家具・食」。

「手間を掛けない代わりに手は抜かない。食の基本は守るために必要なこと」

3番目の食に関わる夫婦のこの言葉のように、子どもに対しても「手を抜かない」
日常的に自分たちのコダワリと同等に扱う。
筋の通ったポリシーです

<評価>
コダワリ ☆☆☆☆☆
デザイン ☆☆☆☆☆
真似しやすさ ☆

お問い合わせ
お問い合わせ [contact-form-7 id="4" title="お問い合わせ"]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする